ブログ形式のサービスでもホームページが作れる!

ブログは基本的に更新日時ごとに記事が並ぶ

ブログの特徴の一つに、更新した順に記事が並んで表示されるということが挙げられます。基本的に、更新日時が新しい記事ほど上にきて、古い記事は下にいくということになります。こうした特徴から、「ブログは通常のホームページを作成するには不向き」と考えている人も少なくないでしょう。というのは、一般的なホームページは記事が縦にずらりと並んで表示されるということはなく、ページごとに独立して表示されることが多いですし、更新日時に関係なく、作成者が自由にページを配置できるようになっているからです。
しかし、ブログを使ったとしても、一般的なホームページを作成することは十分可能です。実際、普通のホームページのように見えるものの、出力しているのはブログのシステムという例はたくさんあります。

固定ページやプラグインを使って一般的なホームページを作る

では、具体的にブログを使って一般的なホームページを作る場合は、どのようにすればいいのでしょうか。まず、もっとも基本的な方法が「固定ページ」を利用するものです。通常、ブログは記事を作成した日時ごとにページが出力されますが、固定ページを利用すると、IDが付けられた独立したページを出力することができます。そして、たとえばトップページにはIDが1のページを配置する、という風に割り振っていくことで普通のホームページを構成することが可能になるのです。
また、プラグインを利用する方法もあります。たとえば、会員制のCMSを作成するためのプラグインをインストールすると、ユーザーがメールアドレスをIDにしてログインすることができるといったことが可能になるのです。